スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画鑑賞2





最高の親娘のコミュニケーションだと思うの


いつか子供とこんなライブできたら素敵だろうなぁ



さて今回はMMO関係なしの、好きな映画だらだら紹介するだけの記事です


さも映画に詳しい様に書いてますが、通でもなんでもないので、飽くまで感想文です


興味ない方はスルーで


前回→akkuno.blog4.fc2.com/blog-entry-29.html

前々回→akkuno.blog4.fc2.com/blog-entry-6.html



 

まず1本目




「ポンヌフの恋人」


images.jpg 


監督:レオス・カラックス

出演:ドニ・ラヴェン ジュリエット・ビノシュ




以前挙げた「汚れた血」の兄弟作。

この作品は、ポンヌフ橋でホームレスをして暮らすアレックスと

失恋をし未練を抱え、かつ画家でありながらも病から失明の危機に迫られ

現実逃避するため家を飛び出した女、ミシェルとの恋愛映画です。


フランス映画特有の、抽象的な表現を、セリフ回しではなく演出等で表現してるのが印象的


2人ともそれぞれに今ある現状に、出来る限り眼を向けずに生きようとするのですが、

どうしても不安は付いて回る。


祭りの夜。

盛大に花火が上がる中、ポンヌフ橋の上で二人が踊るシーンがあります。

その様は決して愉しそうではなく、まとわりつく不安を振り払おうとしているようで印象的でした。


この監督にしては異色の結末ではあるので、是非見てみてください。







2本目


「アモーレス・ペロス」


images (1) 


監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

出演:ガエル・ガルシア・ベルナル エミリオ・エチェバリア




3つの異なるストーリーがそれぞれに進行していき、

ふとしたはずみで巧みに交わって行く作品です。


1話目は

夫の横暴に耐え続ける兄嫁に恋する男の話。

兄嫁をどうにか自分のものにと考え、闘犬でお金を稼ぐものの、

事はうまくは運んでくれない。


2話目は

トップモデルとして華々しい生活を送る女の話。

不倫相手が妻との離婚を成立させ、2人のための新居で暮らし始めた矢先、

ある出来事で彼女の生活が一変してしまう。


3話目は

腕利きの殺し屋の老人の話。

かつて捨てた自分の娘を、今でも影から見守ってはいるものの、近づくことはない。

飼い犬にしか心を開かず、ただただ昔を眺めているだけの生活を送る。




この3つが綺麗に重なる脚本には、ほんと感心しました。

又、どのストーリーにも犬が絡んできて、その犬たちが飼い主を見事に象徴しているので、

そこにも目を向けるとより一層楽しめると思います。











3本目


「ぐるりのこと」


images (2) 



監督:橋口亮輔

出演:リリー・フランキー 木村多江




とある夫婦の日常を、比較的リアリティを持って表現してる作品です。


物事にだらしなくあまり執着のない夫・カナオと、

徹底して色んなことにケジメをつけたがる妻・翔子


2人はそこそこに幸せに生活していたのですが、ある一つの大きな壁にぶつかります。


10年という年月をかけてゆっくりと再生していく2人の夫婦像はかなり理想的だと思います。


そしてなにより2人の掛け合いが、台本に書かれたセリフというより、

「こんな流れで適当にしゃべってください」

って言われてるんじゃないかってレベルに自然な感じやりとりでおもしろいです

普通にカミカミになったり、お互いの話し出しが被ったりしててリアル


ちょこちょこさらっという名言もあったりして、要所要所で「おぉ」と感心させられました

個人的には 「鼻水でべちゃべちゃやん」 がお気に入りです



ジャンル的には「自虐の詩」とかが近いのかなぁ



途中ちょっと重たいですが、たぶん俺が紹介するなかでは一番

見終わって幸せになれる作品だと思います







まだまだ紹介したい作品はいっぱいあるのですが、

エラーで記事飛びまくりで、実はここまで書くの5回目です

もうしんどいです


なので最後に本題の作品

これ紹介したいからこの記事書いたようなもん







「亀も空を飛ぶ」


images (3) 


監督:バフマン・ゴバディ

出演:ソワン・イブラヒム アワズ・ラティフ







とにかく見て!



各々いい悪いとか色々あるだろうけど、ホントに一度は見ておいてほしい映画

見たからどうしろってものもないけど、俺らの日常がどれだけ日常的か、非日常的かはわかるはず


この邦題つけた人は、誰を亀のつもりでつけたんだろう


できればアグリンでもリガーでもなく、亀はサテライトであって欲しいと思いました








なんか「亀も空を飛ぶ」を見てから変に映画ブームが再来してるので、

勢いでこんな記事書いてみましたww


なにか「この映画いいよ」ってのがあったら教えてくださいw

重たいのを見てしまいがちなので、軽いやつとかもえーかん見たいです('A`)



アイオンの記事は土日にでも書きますね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あっく

Author:あっく


[AION]※休止
イズ鯖(天族)

あっく
Lv55 シャドウウィング







[グラナド・エスパダ]※引退

レグ鯖
家門名:tuipeli





[ROHAN]※引退

オン鯖
Lv92 DAHAN(メイン)
Lv74 近接HE(サブ)


シルバ鯖
Lv93 DAHN(メイン)
Lv91 DEKAN(サブ)



フリーエリア
ダンの事は聞き飽きたらクリック

 

↓クリックしてみるといいよ↓
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。