スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そーどとか





ゲームのテーマ曲ではあるけれど、普通に名曲だと思うの

とりあえずドレドギから



5-22.jpg 


お昼ドレドギでらぷさん抜き

勝てるドレドギだったとは思うんですが、火力3人の連携がかみ合わなかったためボロボロにw


どうしても名前が通ってる人っていうのは、強い固定の人になりがちなんですが、

基本クイックや野良の人でも上手いなって思う人は多いです


固定の方が連携取りやすいし、他の人も強いのでどうしても目立ってしまうのは仕方ないですけど、

こーいう野良でも上手い人なんかを見ておくのも勉強になりますね


今回で言えば新八さんの立ち回りに完全に翻弄された感じだと思います

タゲ回しの反応とか除けば、アルネシアさんとかに並ぶくらいだと勝手に思ってました


あとはアレクシエルさんも比較的判断がはやいように感じました

解除速度とかはあんまり見れなかったけれど・・・




ほんと敗因は完全に連携の部分だけだったと思いますw













5-23.jpg 


九門さんPT

これも勝てるドレドギだったはず


やっぱり課題は影同士の連携

火力を分散させないなら、影3は同じ位置でタイミング合わせないとなんの意味もないと思ってます


相手にソードが2以上の場合は影はもっと攻め気でいかないと、

変に待ちかまえたら範囲に呑みこまれて無駄に被ダメ増えるので、少し大胆でもいいかなってのが持論だけど

なかなか連携がうまくいかないですね


もうちょっと周りを待ってもいいのかなぁ

でもそれだと攻め時としてのタイミングを失うことが多いので悩みどこです


ちょっと周りに動きを変えてもらうことを主張する前に、

持論捨てて自分の動きを周りに合わせることをまずしないとかなって思いました

反省















5-24.jpg 



パプリカさんPT


たぶんこのドレドギ中

「bye菌」

という単語が50回以上流れたと思うくらい、バイキンさんがやっぱりやばい



パプリカさんのブログにあったように、このドレドギのキーマンは

うちPT→らぷたん

相手PT→bye菌

だったと思います


残りがトロさん・パプさん・バイキンさんまで追いつめて

トロさんがフィアでどこかに飛ばされてる間、パプさんとバイキンさんしかいないのに

うちPTがあわや全滅しかけるとかどんなだよwwwwwwwwwwwってなったw


パプリカ+bye菌=魔族の平均的1PT


という公式が俺の中でできた


ほんとbye菌さんが別のソードさんだったらもうちょい戦えたんじゃねって思えてならないwwww




とはいえこのPTはほんと苦手で、

マッタリさん→抵抗?

パニカスさん→抵抗?

bye菌さん→BA


で、ソードの転倒も弓のノックバックもないうちPTだと

1タゲの人に逃げ回られて影2人が追いかけっこ状態。

その間に他の火力2人に落とされていく

ってのが定番になってる気がする


もちろんまったりさんがCoさんでも一緒


コミット入れても止められないのは、フォーカス・イヴェコン見逃してるのかなぁ

確実に回避系入ってないって時でも止められないことが多いので、

魔法命中をどうにかしてみるってのも手かなと思いました











なんだか九門さんのブログやビスケさんのブログで、ソードPTうんぬん、構成うんぬんってあったので

個人的に思うところを書いてみます




ドレドギに参加する理由は人それぞれで


・APが欲しい

・Pvがしたい


大きく分ければこの二つ





よく勘違いしがちだけど



ドレドギ=Pvコンテンツ



ってのは違うと思ってます



MOBやスルカナが配置されてて、Pvなしでも勝ってAPががっつり稼げる仕様な以上

Pvが絶対ではない、Pv好きにも狩り好きにもどっちにもメリットのあるコンテンツです



見た目が綺麗・Pv楽しい・狩り楽しい



ゲームをやる理由なんて人それぞれでいいと思うし

Pvしたい人はPvの勝敗で一喜一憂すればいいし

AP欲しいって人はドレドギの勝敗で一喜一憂すればいい



もちろんPvしたくてドレドギ行って、MPK三昧・逃げ回るとかつまらないけど

それぞれのスタイルで、楽しいと思うことをやって

もしお互いが楽しいと思えれば、それが一番

そう思えなくても、スタイルの違いだねって軽く流してしまっていいかなって個人的には思います



もちろんMPKやら延々されれば俺は顔真っ赤ですけどね












あと構成に関して



実質ドレドギの勝敗を分けるのは


・レベル

・装備

・構成

・PTメンバーの連携

・個々のPS


あたりだと思います




ソードが多いPTというのは、実際構成的に優位に立てるのは事実だと思います

それが天であれ魔であれ、特にシャドウの俺から見れば、ソードPTとか泣けてきます


ただし、上記のように、勝敗を分ける要素は「構成」だけではないのも事実


相手が野良のソードPTで、こちらが固定の普通のPTなら



『構成』

相手>自軍


『連携』

相手<自軍


で、結構いい勝負になるとは思います

(うちは布が多めなので戦えてる感はありますが)





もちろん連携といっても、ソードが多い場合にやられたらきついって連携はたった一つなので、

野良でもそれさえ心がけてるPTにはなかなか勝つのは難しい部分は多いです

また、狩りゲーにまわられると勝てないことがほとんどなのも事実

なのでソードが多いPTで行った場合、


「ソードPTのくせに」

「ソードPTだから」


と言われてしまうのも、仕方のない面はあるかと思います









ただしだ


前にも書いたように


「構成がきつかった」

「相手が廃装備だから」



構成・装備は現状どうにもできない所なので、そこに勝てない第一の理由を持っていけば簡単だけど

まず自分たちがどうにかできるであろう、連携・PSにもっと出来たことはないかって考えないと

何年たっても勝てないまんまだわな






要は

構成もドレドギでは一つの大事な要素だけど

それが全てってわけじゃない


勝ちたいと思って工夫して、構成から考えるのは悪いことじゃない


ただ相手にする側から見ると、ソードPTってのは構成的に優位性が高いのも事実なので

非難されてしまうことは多いと思う

そこは我慢するしかない



ただ非難する側は、

勝てない要素(構成)をどうこう言う前に、勝つための方法(連携・PS)をまず考えないとだと思います







別に今勝つことが全てじゃないんだから

少しでも次勝つことにつなげて、ちょっとずつ進めばいいと思うの

人生長いんだし、死ぬまでに勝てばいいじゃんね









たぶん論点ずれまくってるけど、

1hかけて書いたのに一度記事飛んだせいで修正する気が起きないというね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、確かに構成云々だけで言い訳にするより
それぞれ少しずつ進んでいくしかないですよね
過去あっくさんPTでこっちソード3で負けられない試合だったのに
ぼこぼこにやられたの覚えてます
あの時のスリストフィアーのタイミング、そしてあっくさんと冥さんの
二人のタゲあわせの見事さに完敗でした
ほんと強いPTでこっちも涙目になってましたw


何が言いたいかと言うと1タゲで殺さないで下さい、ぼっちの方を先に殺してください

No title

感動した!!!
あっく兄貴と呼ばせてくださいぃいい
兄貴ィイイイ

No title

ルーペアおもしろかった(業者的な意味でwwwwwwwwww

No title

>Jamさん

うちのPTは後衛の連携がそこそこできてるので、
ソードPTでもそこそこ戦えることが多いってのも事実です

ぶっちゃけ火力がタゲ合わないことがほとんどかも・・・('A`)


というかむしろ、逆に俺か冥さんノックバックで止めるのやめてくださいwwww
もういっそ影にもノックバックくださいwwww








>ZeLoさん

なんでだろう

コメントみた瞬間に、

フンドシにねじり鉢巻きのマッチョが頭に浮かびました・・・








>アザース

おい、それは次回の記事ネタ
プロフィール

あっく

Author:あっく


[AION]※休止
イズ鯖(天族)

あっく
Lv55 シャドウウィング







[グラナド・エスパダ]※引退

レグ鯖
家門名:tuipeli





[ROHAN]※引退

オン鯖
Lv92 DAHAN(メイン)
Lv74 近接HE(サブ)


シルバ鯖
Lv93 DAHN(メイン)
Lv91 DEKAN(サブ)



フリーエリア
ダンの事は聞き飽きたらクリック

 

↓クリックしてみるといいよ↓
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。